ギャラリー

こんにちは。

背中の痛みもすっかり良くなり、JOJOアニメを見ながら仕上げた作品。

予め、水彩スティックの削りカスが勿体ないと思い、タイルに色付けをしてみたところ、思いがけずくすんだ紫色が出来上がりました。

おりしも紫陽花の季節なので、風情ある作品ができたかな?と個人的には満足しています。

(この色を作ろうと思って作ったわけではないので、本当に偶然です。)

ちなみに私が購入しました水彩スティックは、これ。

ぺんてる水彩スティック(アンティーク)

ゼンタングルにおいては、アンティークな色調がぴったりだと思います(^^)12色全てがアンティークな色合いですので、何も考えなくても私のような色つけ初心者でも、なんとなく、魅せてくれる水彩スティックです。

この水彩スティックはクーピーペンシルのような作りです。『水でとろける』と魅力的なキャッチコピーが書かれていますが、削りカスはとろけても、紙に塗ったものを水筆で水彩風にしようとしても、色鉛筆感が残る感じは否めません。

水彩風にしたい場合、水筆を直接スティックに当ててそれから塗ると柔らかい色合いが出せるとのこと。わたしはまだこの方法を試してないので、そのうち、試してみます(^^)

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA