公式タイルは大切に保管したい

日々徒然

こんばんは。

公式サイトではすでに販売されていないゼンダラタイルケースないしタイルケースが欲しかったんで、メルカリで掘り出し物はないかとウロウロしていたら、見つけました!

やはり、公式タイルはいかんせん質もよく価格もそれなりに高価ですので、どうしても貧乏性が板に張り付いてるカマボコ状態で気軽に公式タイルにタングルを描き込めないんです。

しかし。

佐藤心美CZTから、公式タイルの質感に慣れておいたほうが絶対に良い、とアドバイスされ、ようやく、公式タイルデビューを果たしたのです。独学5年目にして初めての公式タイルデビューって…ほんと、カマボコ…

とはいいつつ、やはり公式タイルは何も描かれてないまっさらな状態でも、また、タングルで埋め尽くされていても美しく、美しいものには美しい物入れに保管したい…そんな形から入るスタイルが好きでますますカマボコになってしまってますが…

このタイル入れはブリキでできているのですが、蓋の文様がまさにタングルっぽいですよね。

ただ、蓋をしてしまうと中身がわからなくなるというデメリットがありますが、そのデメリットさえ吹き飛ばしてしまうほどの可愛い入れ物を手に入れることができました。

あまり執着せずにラフな感じで公式タイルが入る大きさのブリキ缶(できればおしゃれなやつ)ほしいなぁ、と思ってたらすぐに見つかったので、これは一種の引き寄せの法則かもしれませんね。

もしくは、今住んでいるアパートが手狭になっていて断捨離を決行して場所が空いたせいかもしれません。

いずれにしても可愛いブリキ缶が3個も手に入って見てニヤニヤ触ってニヤニヤ蓋を開けてニヤニヤと傍から見たら変態度MAX状態です(笑)

もし、ゼンダラタイル入れをお探しの方は、最低でも内径がCDサイズのものを探してくださいね。

ラブリーなカンカンが見つかることをお祈りしております(*^^*)

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA